シートバッグはバイクとのコーディネートも楽しめる

シートバッグと一緒に使いたい!タンクバックとサドルバックを比較

貴重品を入れておけるタンクバッグで安全走行

タンクバッグは文字通りバイクのガソリンタンクに固定することができる小さなバッグです。磁石などで固定できるタイプが主流で、スマホや財布など普段は衣服のポケットに入れている記帳品などを入れてバイク走行することができます。安全走行のための基本グッズです。

ツーリングや通勤などに欠かせないサドルバッグも必要です

サドルバッグはバイクのサイドに装着できるバッグです。容量も大きく、通勤にバイクを使う方の着替えや道具などを入れておくことができます。もちろんバイクに乗らない時は普段使いができる機能性の高さも魅力です。

バイク取付バックを利用している方の声

バイクに乗る際の収納力がアップしました

クルーザーとは異なり若干収納力に掛ける私のバイクですが、シートバッグをつけるようになったら、収納力が格段にアップして普段以上にバイクに乗る機会が増えました。おしゃれなデザインが多いので、バイクの外観を損なうこともありません。

シートバッグはバイクとのコーディネートも楽しめる

バイク

革製品の魅力

シートバッグは革製品を選ぶことが一番です。エンジン近くに装着することになるので熱によりバッグを傷めることがありますが、革製品を選ぶことで耐熱力が上がり、バッグの傷みをある程度防ぐことが可能です。デザイン性も高く、普段の持ち歩きでもしっくりなじむところも魅力といえるでしょう。

選ぶときは機能性とデザイン重視で!

シートバッグを選ぶ時は、ボディに似合うデザインを重視することが大切です。バッグとバイクのボディがチグハグであればコーディネイト失敗となってしまいます。また、収納力が高い事も注目すべき点です。中には、エンジンの高温部に触れてしまう可能性もあるため、マッチングなども重視しましょう。

革製品の注意点!

革製品は天然素材ですので、直射日光や雨には弱い素材であることを覚えておきましょう。また、エンジンの熱による影響も受けやすいため、日頃のメンテナンスはきちんと行いましょう。定期的に保護クリームなどをぬり、長持ちさせてください。経年劣化により、裂けや破けが生じますので、バイクに装着する部位は必ずチェックして思わぬ事故を防ぎましょう。

広告募集中